2017年09月28日20時33分

ジャック・ジョンソン待望のニューアルバム・貴重なサーフ映像

ケリー・スレーターとは、共にサーフトリップに出かけたりと深い親交があり、かつてはパイプマスターズのトライアルに出場しファイナルまで駒を進めた経験もある、ジャック・ジョンソン。
そんなサーフミュージック界のパイオニアでもある彼が、4年ぶりに待望のニュー・アルバム発売した。
 

ハワイ出身のシンガー・ソングライター、ジャック・ジョンソンの4年ぶりとなるニュー・アルバム『オール・ザ・ライト・アバブ・イット・トゥー』日本のiTunesチャートでも早速1位を獲得するなどヒットを記録している。





「ドキュメンタリー制作で旅をしたり、キャンプをしたり、ちょっとした縫い傷を負ったり、探索したり、夢を見たり、家族や友人たちと一緒に過ごして、延々とおしゃべりをしたりなんかして…そういったあらゆる経験が、今回のアルバム収録曲に影響を与えているんだ。」とジャック本人が語ってる通り、日常の様々な出来事にインスピレーションを得て楽曲は制作されている。
なかでもサーフィンは特別らしく、親友でもあるワールド・チャンピオン・プロ・サーファーのケリー・スレーターとのサーフ・トリップも大きなインスピレーションだったようだ。飛行機の搭乗時間の約48時間前に誘いを受けたジャックは、一緒に行くことを即決。その時に一番波がいい場所に飛んでいったというケリー・スレーターとのサーフ・トリップが新作の重要なインスピレーションの1つにもなったようだ。2014年のフジロックフェスティバルでヘッドライナーとして来日して以来、来日公演は行われていないが、この新作『オール・ザ・ライト・アバブ・イット・トゥー』を聴いて、来るべき来日に備えたい。
 

【商品情報】
『オール・ザ・ライト・アバブ・イット・トゥー』
2017年9月8日(金)発売
日本盤ボーナス・トラック収録
UICU-1292 2,700円(税込)
https://umj.lnk.to/JJ_atlait
 
 
日本公式ホームページ:http://www.universal-music.co.jp/jack-johnson/
 


そしてこちらの映像は、先日ドロップされたもので、ジャック・ジョンソンの貴重なサーフィン映像です。


アクセスランキング

カテゴリー

y[W̐擪