2017年12月26日21時04分

サーフボードの劣化を防ぐケア・保管

まず基本的な保管場所に関してですが、みなさん様々だと思います。
「風の通りが良い」「直射日光が当たらない」この2点にだけ気をつけてください。
湿気には強い特徴をもっていますが、乾燥には非常に弱いです。できるだけ乾燥しない場所に保管してください。



自宅に保管場所がないから、ベランダに、、、車の中に、、、なんてことは絶対に避けて!!
つい車の中に置きっぱなしにしてしまう人は多いですが、熱がこもり高温になる車の中はサーフボードにとって最悪の環境です。熱によって剥離や劣化が進んでしまいますので要注意。


そして、海でサーフィンを楽しんだ後は、真水でしっかりと海水を落してください。海水を落とさずそのままにしておくと、ボードの表面を覆う樹脂が海水で酸化し、劣化の原因となります。
その際は、必ず真水で洗い流すようにしてください。
温かいお湯をサーフボードにかけることはNG。真冬など温水を持って行かれる方も多いとおもいますが、ボードには絶対使わないで下さい。ボードのフォームとガラスクロスの剥離を招いてしまうので要注意!


サーフボードの寿命を最大限まで維持するためにも、正しい保管・手入れをしてあげなくてはいけません。



最後に豆知識。

オーダーして届いたばかりの新品サーフボードにはすぐに乗らないようにしよう!なぜなら、グラス部分とフォームの部分の剥離の原因になる可能性があるから。焦る気持ちはわかりますが、目安として冬場なら1〜2週間位、夏場なら3~4週間位して海に持ち出そう!!


アクセスランキング

カテゴリー

y[W̐擪