2016年07月06日22時05分

まるで宙に浮いている!?新感覚のサーフィン「フォイルサーフィン」とは!?




まるで宙に浮いている!?新感覚のサーフィン「フォイルサーフィン」とは、、



波から波へと、まるで宙に浮きながら海上を滑走しているように見えるびっくり仰天のサーフィン映像。
ハワイのマウイ島出身のサーファー、Kai Lennyによるこの映像は世界中のサーファー達を驚かせました。


この一見海上に浮いているようにみえるサーフボードの正体は、正称「フォイルボード」と呼ばれる列記としたサーフィンの一種。
日本ではまだあまり浸透していなく、海外でもやっている人は少ないみたいなので知らない方は多いと思います。。。

ボードにはモーターやエンジンがついている訳ではなく、「水中翼船」の原理をそのままボードに利用しつくられたサーフボードなのです。
(水中翼船とは... 船底に水中翼をつけた高速船。走行時に水中翼により浮揚力をつけ、船体を水面上に上げて、抵抗を減らすようになっている。)


ボードが直接海面に触れることがないため水の抵抗を受けず、かなりのスピードを生み出すことが可能となっています。
ただ一般のサーフボードと比べ、水面に面している部分がないためとても難しいと言われており、ボード上のバランス力とコントロールする技術が必要とされると言われています。


今回そんな「フォイルボード」をいとも簡単に操っているKai Lennyは実は、サーフィンはもちろんのこと、ビッグウェイバーでもあり、そしてなんとSUPのワールドチャンピオンにも輝いた経歴を持つ多彩な才能をもったサーファーとしても知られているのです!

一般的にはテイクオフをする際には、ジェットスキーに引っ張ってもらい勢いをつけるのですが、さすがKai Lenny。自らパドルをしテイク・オフをしています。


ジャンルを問わず、時代の変化とともに少しずつ変化そして進化していくスポーツ。時代に沿った新たなスタイルが生まれていきます。このフォイルボードはその進化の表れともいえるサーフィンの新しい形と言えますね。


アクセスランキング

カテゴリー

y[W̐擪