2016年11月08日21時00分

デーンに学ぶ!!ボトムターンを改善してネクストレベルへ!!

デーン・レイノルズに学ぶ!!サーフィンの基本テクニックであるボトムターンを改善してネクストレベルへ!!

ある一定の時期からサーフィンの上達が止まったと感じることはありませんか?それもしかしたら、ボトムターンのせいかもしれませんよ!!?

ボトムターンって簡単そうにみえて、奥の深いテクニックなんです、出来てるつもりでもしっかりもう一度見直すことが大切です。初歩的なテクニックではあるのですが、オフザリップ、エアー、カットバック、カービングなどサーフィン全ての技に繋がるのが、ボトムターンなのです。

ボトムターンをいかに極めるかで、技の完成度がきまります!!

意識してほしい基本は、ドロップイン後ボトムターンに入る際、膝を使い体勢をしっかりと引き下げ、お尻を引き、上半身は前傾にしバランスをとりながらボトムターンに入る。

進行方向側の前方の手はそのまま進行方向に、後方の手は波を触るように、体の前に伸ばした状態でキープ。
これが大切です!!手を体の前にキープすることによって、この後の勢いに繋がる「タメ」がつくれます。

十分にタメを作り、手と体勢をリリースしたときに、波を駆け上がるようなソリッドの効いたボトムターンになるのです。

そして最も大切なのは「目線」
目線は常に進行方向へ向けておきましょう。ボトムターンの後にオフザリップを決めるのであれば、波が割れてくる当て込む箇所から目を離さず勢い良く一直線に当て込みましょう。






※バックサイドの時は、基本的には同じなのですが、手だけ逆になります。
進行方向にある前側の手を後方波のフェイスに向けホールド。空いている後方の手でバランスをとりましょう!






CT選手レベルのサーファーの動画なら、なんでもいいのですが、一度こちらの動画でボトムターンと、その直後の勢いだけを注目してみてください。
今回解説した意味がはっきりとわかると思います。ボトムターンで「タメ」をつくり、リリース後は波を勢い良く駆け上がりエアー、リップなどにつなげています。






以上を意識し続ける事で、間違いなくサーフィン上達へと繋がりますので、常に意識するという事だけでもお忘れなく!!




アクセスランキング

カテゴリー

y[W̐擪